スポンサーサイト

  • 2017.02.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    0706地蔵院(椿寺)(Jizoin Temple/Tsubaki-dera Temple)

    • 2016.09.19 Monday
    • 22:46

     地蔵院(じぞういん)は通称椿寺(つばきでら)と呼ばれ、北区一条通西大路東入大将軍川端町にある浄土宗知恩院の末寺である。山号は昆陽山(こんようざん)、本尊は五劫思惟阿弥陀如来である。

     奈良時代中期の神亀(じんき)三年(726)、聖武天皇の勅願により、行基(ぎょうき)が、摂津国の昆陽池(こやのいけ)のほとりに建立した地蔵院が始まりで、平安時代に衣笠山の南山麓に移され七堂伽藍が整備された。
     南北朝時代末期の元中八年/明徳二年(1391)、内野の合戦の戦災で、すべて焼失したが、 室町時代初期に足利義満が、金閣寺建立の余財で仮堂を建て、地蔵菩薩を祀り再建した。
     桃山時代の天正十七年(1589)、豊臣秀吉の命によって現在地に移され、江戸時代初期の寛文十一年(1671)に善曳和尚により、八宗兼学から浄土宗に改められ、知恩院の末寺となった。

     地蔵堂に安置する地蔵菩薩は、行基作のものと伝えられる。地蔵堂背後の板扉はもと北野天満宮にあった多宝塔の遺構とされる。

     書院の前庭には、北野大茶湯(きたのおおちゃのゆ)の縁により秀吉から当寺に寄進されたといわれる「五色八重散椿」があったが、惜しくも枯死し、現在は樹齢百二十年の二世が本堂前に花を咲かせている。薄桃色や白に咲き分ける五色の八重椿で、花ごと落ちず、花びらが一枚ずつ散るのを特徴とする。境内には、忠臣蔵で有名な天野屋利兵衛のものといわれる墓や、与謝蕪村の師に当たる夜半亭巴人(やはんていはじん)の墓などもある。洛陽三十三所観音霊場の第三十番札所である。

     

     (写真1)

     

     (写真2)

     

     (写真3)

     

     (写真1、2)は一条通に面した山門、(写真3)は山門左手前の道路脇に三本並んで立つ石標で、道路側から順に「洛陽三十番地蔵院」、「夜半亭巴人墓所」、「義商天野屋利兵衛之墓 豊公愛樹五色八重散椿 此寺にあり」と刻まれている。

     

     (写真4)

     

     (写真5)

     

     (写真6)

     

     (写真4)は山門を入ったところから撮った境内で、正面奥にあるのが地蔵堂、右手前の生け垣の中、本堂前庭にあるのが有名な「五色八重散椿」である(写真5、6)。加藤清正が、文禄の役の朝鮮出兵の際に蔚山城(うるざんじょう)から持ち帰り、豊臣秀吉に献上し、北野大茶会の際に、秀吉が地蔵院に寄進したものといわれている。但し、初代の樹は昭和五十八年(1983)の春に樹齢約400年にて枯死し、現在あるのは、樹齢約120年の二世である。一木で、白色、ピンク、紅色、絞りなどに咲き分け、普通の椿は花ごと落下するが、この椿は、色とりどりの花びらが一片一片散る。3月下旬から4月中旬が見頃という。

     

     (写真7)

     

     (写真7)は五色八重散椿の西側後方にある本堂で「地蔵院」の扁額が掛かっている。

     

     (写真8)

     

     (写真8)は本堂の右(北)側、山門を入って直ぐ右(西)側にある庫裏である。

     

     (写真9)

     

     (写真9)は正面奥の地蔵堂で、行基の作といわれる元の本尊「地蔵菩薩」が祀られている。「鍬形(くわがた)地蔵」、「木納屋(このや)地蔵」とも称され、洛陽四十八地蔵願所の第十二番札所になっている。

     

     (写真10)

     

     (写真11)

     

     (写真10)は地蔵堂手前右(西)側にある手水舎、(写真11)はその左手にある観音堂である。

     

     (写真12)

     

     (写真13)

     

     また、(写真12)は観音堂の前に安置されている賓頭盧尊者、(写真13)は十一面観音菩薩立像のお前立ちである。背後の厨子に祀られている十一面観音菩薩立像は、一木造丈五尺三寸、平安時代前期慈覚大師円仁の作といわれており、脇侍に、雨宝童子と春日龍神が安置されている。但し、開帳されるのは1月元旦から3日、春秋両彼岸中、地蔵盆の82324日だけである。洛陽三十三所観音巡礼第三十番札所である。

     

     (写真14)

     

     (写真14)は境内にある三つの社で右から順に鎮守社、椿大神、辨財天である。

     

     (写真15)

     

     (写真16)

     

     (写真1516)はやはり境内にある小さな地蔵堂で、(写真15)には世継地蔵尊の提灯が掛かっている。

     

     (写真17)

     

     (写真18)

     

     (写真1718)は天野屋利兵衛の墓である。忠臣蔵で有名な天野屋利兵衛(あまのやりへえ)は、赤穂浪士の討入りを陰で支え、晩年、地蔵院に隠棲し、剃髪して浪士らの冥福を祈ったといわれている。討入りのあった1214日には、天野屋利兵衛の木像が公開される。

     

     (写真19)

     

     (写真19)は夜半亭巴人(やはんていはじん)の墓である。夜半亭巴人は江戸時代初期の俳人で、与謝野蕪村(よさのぶそん)の師 早野巴人(はやのはじん)のことである。

     

     (写真20)

     

     (写真20)は切支丹の墓で、長い間手水鉢として使われていたものが墓と分かり、当寺に納められたといわれている。(2016.2.26.7.22訪問)

     

    スポンサーサイト

    • 2017.02.03 Friday
    • 22:46
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM