スポンサーサイト

  • 2019.05.01 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    0684真如院(Shinnyoin Temple)

    • 2016.01.13 Wednesday
    • 12:13
     真如院(しんにょいん)は、猪熊通五条上ル西側にある日蓮宗の寺院で、日蓮宗大本山本圀寺(現在の山科区)の元塔頭である。天文四年(1535)、日映上人により創建されたが、翌五年(1536)、天文の法難により全焼。その後まもなく現在地に再建されたが、江戸時代の天明八年(1788)、天明の大火により再び焼失。寛政年間(1789〜)に再建され、更に天保三年(1832)に新築。昭和九年(1934)に内部が大改築され、昭和二十四年(1949)、隣接していた明徳高校の校地拡張の必要から、現在地に移転した。
     真如院は、織田信長が、将軍 足利義昭が入洛したときに、当院で迎えるために作庭した枯山水庭園で知られている。この庭園は写真撮影禁止であるが、薄く平らな石を鱗状に方向性を付けて敷き詰め、急流を表わした特徴のある庭園で、昭和三十六年(1961)、真如院の移転に伴い、当時の絵図を基に、残っていた石組みや鱗石を使って、重森三玲により復元された。瓜実灯篭、烏帽子石、呼子手水鉢があり、庭園の西端には日蓮聖人を祀った小堂が建てられている。

     
    (写真1)

     (写真1)は猪熊通に面した真如院の築地塀で、電柱の右(北)側に山門がある。

     
    (写真2)

     
    (写真3)

     (写真2、3)は山門で、入って左手が玄関、右手が庫裏である。

     
    (写真4)

     
    (写真5)

     (写真4)は玄関、(写真5)は玄関前庭で、中門の内部は庭園となっている。

     
    (写真6)

     (写真6)は庫裏で、内部の拝観はここから入る。

     
    (写真7)

     
    (写真8)

     
    (写真9)

     (写真7)は仏間、(写真8、9)は書院である。

     
    (写真10)

     (写真10)は書院に掲げられていた庭園の図で、現在の庭園とは少し異なっている。(2015.10.31.訪問)

     

    スポンサーサイト

    • 2019.05.01 Wednesday
    • 12:13
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM