スポンサーサイト

  • 2019.05.01 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    (10)ヘルシンキ大聖堂(Helsingin tuomiokirkko)[フィンランド]

    • 2011.10.29 Saturday
    • 23:41
     

        ヘルシンキのシンボルとして高い位置に建てられた左右対称の白  
     くて美しい
    教会が、ヘルシンキ大聖堂で、年間20万人の観光客が訪
     れるフィンランド随一
    の観光名所である。カ−ル・エンゲルの設計
     によるルーテル派の本山となる教会
    で、1852年に完成した。元老院
     広場に面した大階段の上に建っており、ヘルシ
    ンキで最も目立つ建
     物である。

    当初大聖堂はその建設を始めた皇帝ニコラウス1世にちなみニコ
     ラウス教会
    と呼ばれた。1917年にフィンランドが独立後、大教会と
     改名されたが、
    1959にヘルシンキ教区が設けられてから、大聖堂
     と呼ばれるようになった。

    (写真1)
        
        (写真2)

        (写真3)
      

     (写真1)は元老院広場から撮った大聖堂の遠景、(写真2)は
     近くの正面か
    ら、(写真3)は斜めからそれぞれ大聖堂だけを撮っ
     たものである。元老院広場
    に建つ銅像はロシア皇帝アレクサンドル
     2世の像(
    1894)である。フィンランドの憲法に基づく内閣形態を
     復活させた皇帝は、フィンランドでは多大な人望を集
    めていた。

    (写真4)
     

     大聖堂の平面は4つの腕の長さが等しい十字形(ジリシア十字
     形)で、中央部
    が塔になっている。正面妻壁は6本のコリント様式
     の柱で支えられている。立面
    全体が同様形式のピラスター(付け
     柱)で装飾され、リズム感を形成している。
    (写真4)は柱の拡大
     である。

    (写真5)

        (写真6)

        (写真7)
     

     屋根の上には巨大な聖書の12使徒をかたどる亜鉛像コレクショ
     ンが据えら
    れている。(写真5)は正面真ん中のヨハネ、(写真
     6)は正面右のマタイの像の
    拡大写真である。因みに12使徒すべ
     ての像を(写真7)に示す。

    (写真8)

        (写真9)

        (写真10)
     

     大聖堂の中は非常にシンプルである。(写真8)は後方から祭壇
     方向を撮った
    もので、中央部にシャンデリア、前方左手に説教壇、
     右手にミカエル・アグリコラ(
    Mikael Agricola)の像がある。(写
     真9)は祭壇部を撮ったもので、中央の祭壇画はロシア皇帝ニコラ
     イ1世により寄贈されたキリストの埋葬を題材とした絵である。祭
     壇画の両側にひざまずく天使の像があり、祭壇前欄干には四福音書
     を象徴する4つの月桂冠が見える。(写真10)は祭壇画の拡大であ
      る。

    (写真11)

        (写真12)

        (写真13)

        (写真14)
     

     (写真11)は後方入り口の方向を撮った写真である。大聖堂には
     ルーテル派の
    宗教改革における重要な人物3人の像があり、前方右
     のアグリコラと同じように
    後方に向かって右手にフィリップ・メラ
     ンヒトン(
    Philipp Melanchton)、左手にマルチン・ルター
     (
    Martin Luther)の像が置かれている。3人の像の拡大写真を
     (写真
    12)、(写真13)、(写真14)にそれぞれ示す。アグリコラ
     はフィンラ
    ンドの宗教改革者であり、新約聖書を初めて翻訳し、フ
     ィンランド語の文語体を
    定めた。

    (写真15)
     

      (写真15)は後方のパイプオルガンを拡大して撮った写真であ
     る。最初のパイプオルガンは、ロールマンのデザインでドイツのオ
     ルガン工場ヴァルカー(
    Walcker)で1846年に製作されたが、現在
     はその外部のみが残っているだけである。現在のパイプオルガンの
     本体は、デンマークのメーカー・マルクッセン(
    Marcussen)製で
     ある。(2011.7.6.訪問)

     *ヘルシンキ大聖堂案内(日本語版)

    スポンサーサイト

    • 2019.05.01 Wednesday
    • 23:41
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM