スポンサーサイト

  • 2017.02.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    1.イスラエル・パレスチナ編 (25)エン・カレム◆ 櫂泪螢△遼問教会−

    • 2011.10.19 Wednesday
    • 14:44


    (写真1)

     (写真1)はバプテスマのヨハネ誕生の教会から出て次の「マリ
    アの訪問教会」の方に行く道を撮ったものである。奥の曲がり角の
    ところに「マリアの泉」があり、ここを右に曲がって山の方へ登っ
    て行くと「マリアの訪問教会」がある。

    (写真2) 

    (写真2)が「マリアの泉」で、今もこの奥の方からきれいな水
    が湧き出ている。

    (写真3)
     

    (写真3)は「マリアの訪問教会」入り口の鉄の門で、かなり階
    段の道を登って行った山の中腹にある。ここはバプテスマのヨハネ
    の父ザカリアの別荘があった所とされ、イエスの母マリアがエリザ
    ベトを訪れたこと(ルカ
    13956)を記念して建てられたという
    ことである。マリアがエリザベトに挨拶した時、その子が胎内でお
    どったと書かれている。

    (写真4)

    (写真5)
     

    (写真4)教会正面を撮ったもので、塔の横の壁面にはロバに乗
    ってエリサベトを訪問するマリアが描かれている。(写真5)がそ
    の拡大写真である。この教会は
    1955年、十字軍時代の教会跡に新し
    く教会が建てられて現在に到っている。この教会もアントニオ・バ
    バロッツイの作である。

    (写真6)
     

    (写真6)は敷地内にあるマリアとエリサベトが会った時の様子
    を表した彫刻である。二人の女性はお腹の大きいことがわかる。背
    後の壁面には沢山のプレートがあるが、これはマリアがこの時に歌
    った「マリアの賛歌」(マグニフィカト)(ルカ
    14655)が
    46
    カ国語に訳されて刻まれたものである。日本語のものも文語訳で
    書かれていた。

    (写真7)

    (写真8)
     

    (写真7)は教会入り口で、マリアの像がかけられている。(写
    真8)は教会の1階を入った正面を撮ったもので、上部壁面にはエ
    リサベツとマリアの再会の絵が描かれている。

    (写真9)

    (写真10)
     

    同じような画が左右の壁面にも見られ、左上(写真9)にはザカ
    リヤが主の使いを見て恐怖に襲われている絵(ルカ
    1823)、
    右上(写真
    10)にはローマ兵が赤子を殺しており、ヨハネは天使の
    導きでこの難を逃れている絵がそれぞれ描かれていた。また祭壇右
    手に洞窟があり、一番奥に深さ5mの井戸が残っていた。

    (写真11)

    (写真12)
     

    (写真11)は祭壇右手洞窟と、その一番奥にある深さ5mの井戸
    の写真である。また、右手壁の前方には、ヨハネを隠すためにスポ
    ンジのようになって覆ったという岩が残されていた(写真
    12)。

    (写真13)
     

    この教会1階の床は(写真13)に示すように飼い葉桶の藁を表わ
    すモザイクになっているのが特徴ということだった。

    (写真14)

    (写真15)
     

    次に、ここを出て階段を上がり、きれいに花の植えられた庭を通
    って、2階の礼拝堂に入った。(写真
    14)が2階礼拝堂の外観と入
    り口である。(写真
    15)は入り口内側から窓枠桟の模様を写したも
    ので、ブドウの実としだの葉のシルエットが美しく、他の窓枠にも
    共通の統一された美しさが目立った。

    (写真16)
     

    (写真16)は礼拝堂内部の写真で、正面の祭壇と壁面のフレスコ
    画は色が鮮やかで明るい感じのする礼拝堂だった。

    (写真17)
     

    (写真17)は礼拝堂の窓側の写真である。(写真15)にあった入
    り口上部の窓と統一された桟の模様が見られ、窓の内側にはやはり
    統一された美しいフレスコ画が見られた。

    (写真18)

     また、この礼拝堂の床は、(写真18)のように鳥、獣、魚、花等
    一つひとつがとても可愛い感じのする絵のモザイクで造られてい
    た。

     

     

    スポンサーサイト

    • 2017.02.03 Friday
    • 14:44
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM